口がドブ臭い?すっぱい臭い?生臭い?臭いにも種類があります。

口臭は年齢を問わず、性別を問わずみんなの悩みですよね。その口臭の種類も原因は様々です。

それぞれの臭いの特徴から原因を特定できることがあります。

口臭の種類、原因、対策をみていきましょう。

なぜ口臭はするの?

 

口臭と一言に行っても実は臭いの種類はいろいろです。

ドブ臭い口臭ともなれば、男性でも女性でも一刻も早く改善したいものですよね。しかしなぜ口臭がドブ臭くなってしまうのでしょうか?ドブ臭い口臭といっても、実は3種類あることをご存知でしたか?

>>イニオの公式はこちら<<

 

・ドブ臭い臭い
・すっぱい臭い
・魚が腐敗した臭い

口臭は大きく上記の3種類に分けることができます。

自分の口臭がどの種類の臭いに当てはまっているかによって対策も変わってきます。
では見ていきましょう。

ドブ臭い口臭の原因と対策

口臭が便のようなドブ臭い臭いを放っている人のほとんどは、歯周病と言われています。
歯周病になるとメチルメルカプタンという菌が発生し、不快なにおいの原因となってしまいます。

歯周病を撃退し口臭を改善するためには、オリーブオイルを使ったうがいはいかがでしょうか。

やり方は・・・

①大さじ1杯のオイルを口に含む

②口の中で左右3回ずつ舌を回しましょう。
内側からほうれい線を広げるようなイメージで回してくださいね。

③口は閉じたままで歯の裏と表を舌で磨きます。

④磨き終わったら、オイルを含んだままぶくぶくとうがい。

⑤オイルを吐き出して口をゆすいでおしまい。

オイルによって口の中のうるおいを保つことができます。
口の中の汚れが濃縮されることを予防。
オリーブオイルだけでなく、ごま油、アマニ油、エゴマ油でもいいんですよ。
全て自然のオイルを使うので、安心安全な方法です。

すっぱい口臭の原因と対策

口臭がすっぱい臭いを放っている人のほとんどは、ドライマウスが原因であることが多いです。口呼吸、飲酒、加齢、喫煙など、ドライマウスになる要因は身近にたくさんあります。
ドライマウスが疑われる場合は、歯科での検査でその原因を探っていきます。
まず問診では、服用中の薬や、糖尿病かどうか、また、ストレスが原因となることも多いので、生活やうつ病の有無などについて聞きます。
視診では、口の中を確認し、乾き具合や炎症があるかどうかを見ます。
また、診断のために唾液分泌検査が行われます。決められた時間でどれだけの唾液が出るか調べます。
稀ですが、シェーグレン症候群が疑われる場合には、唾液腺の造影検査や病理検査、血液検査などを行います。

大きな病気が潜んでいないかを知るためにも一度歯科に行くのが安心ですね。

もし、大きな病気がないドライマウスでしたら、上記のオリーブオイルのうがいが有効です。口の中を保湿してくれる役割があります。

生臭い口臭の原因と対策

生臭いって、ちょっと表現が難しいですよね。
言い換えると、生の魚が腐っていったときの臭いとも言えます。

これは魚臭症と言われます。摂取した食物を体内で消化分解した際に発生したトリメチルアミンが分解されずに汗や尿、呼気の中に排出されてしまう疾患です。トリメチルアミンは腐敗した魚の臭いがするため、魚臭症魚臭症候群とも呼ばれています。現在とても珍しい症例の1つです。

原因は、

・遺伝によるもの

・肝機能や腎機能が低下

です。

この魚臭症は大変珍しい症例ですから、治療法がまだ確立されていません。食事によって症状緩和を図ることができます。食べ物に含まれるコリンやカルチニン、レシチンといった成分を避けることによって口臭の魚臭いドブ臭さを緩和することが可能です。

もし魚臭症かも・・・?と思ったら

昭和薬科大学の山崎浩史先生の㏋から、 魚臭症かどうかの確認を行うことができます。 検査は尿検査で行い、 尿採取の前日にトリメチルアミンが含まれている食品を食べて、 トリメチルアミンの無臭化効率を調べます。 尿採取は病院ではなく自宅で行います。メールアドレスでやり取りできますのでぜひご活用くださいね。

口臭の種類のまとめ

口臭の種類はいろいろありますが、ドブ臭かったりすっぱかったりするのは、大きな病気でないと判断された後は、自分でも改善することができます。しかし生臭い口臭の原因であるトリメチルアミン尿症は病気の1つですから、きちんと検査をして原因に合った対策をされることをお勧めします。

自分でできる口臭対策のためのサプリメントとして、イニオをお勧めします。

>>イニオの公式はこちら<<